ぴったりが見つかる!子供英会話教室ランキング大特集

HOME » 【特集】子供のうちから始める英検受験

【特集】子供のうちから始める英検受験

ここでは、早期に「英検資格」の取得を目的とした英語学習を始めるメリットや、英検をはじめとした英語力検定に関する基礎知識について解説しています。

子供たちの明るい未来のために、親御さんもしっかりと理解しておきたい大事な内容です。

1.英検・TOEIC・TOEFL・GTEC・TEAPの違い

英検を含めた国内の英語力診断テスト5種類について、概略や基本情報をまとめています。

一昔前までは、中学生や高校生は英検、留学希望者はTOEFL、就職希望者はTOEICを受ける、といった定番型がありました。しかし現在では、一昔前に比べると各試験の試験内容や種類、受験者層に変化が現れつつあります。加えて近年は、GTECやTEAPといった耳慣れない検定試験も生まれました。

これら試験の違いをよく理解しておくとともに、幼児や小学生も広く受けられる試験について把握しておきましょう。

2.幼児期から英検を目指すメリット&英検合格体験談

幼児期から英語の学習をスタートすることのメリットについて考察しています。

一般に幼児期は情報の吸収力や記憶力が高いと言われます。また、英語を「勉強」としてではなく、日常の楽しみとして位置づけていける柔軟性もあります。一生のうちに僅かしかない大事な期間ですから、ぜひ積極的に英語に触れさせておきたいものです。

また、年少期に一定の英語力をつけておくことで、高校受験や大学受験にも有利になります。年少期の英語学習が人生を左右する可能性すらあると言えます。

また、実際に幼児・小学生のうちから英検合格を目指して英語の学習を始めた子供たちの体験談を紹介しています。学んだ英語が活かされた場面、英語を学んでいて受験に役立ったなど、実際に学習をした子供目線の体験談を集めました。

ただ漠然と学習を続けても、多くの場合は身が入りづらいでしょう。英検の取得は、英語学習を続ける上での一つの大きな目標になります。英検資格の保有は大学受験などの場面で優遇されることもあるので、英検の取得を目指すことは英語を学ぶ上で一石二鳥の目標となるでしょう。

幼児・小学生から英語を始めることの大切さ

子供の英検受験者が急増している背景には、小学校における英語の必修化があります。

2008年度、小学5年生以上に外国語活動が導入され、2011年度には小5以上で英語が必修となりました。2020年度には小3以上で英語が必修化、小5以上で英語が教科となる予定です。

こうした流れに賛否両論はあるものの、早期に英語を身近なものにしておくことは、グローバル化の進む世界では必須とも言えるでしょう。

幼児・小学生からの英検合格におすすめのスクールはこちら>>